FC2ブログ

【マッサージ編】 内臓インナーリセット入浴法

マッサージ編】 内臓インナーリセット入浴法
お腹だけでなく手や足の裏も内臓に効果大

 冷えて凝った内臓には、「温める」「動かす」ことが重要。今回紹介したリセット法の中で、一番ストレートに「腸」に効かせるのが、この入浴マッサージ。「湯船につかるとお腹も温まり柔らかくなっているので、マッサージがラクにできる」とオリエンタル・アロマセラピィ・カレッジ校長の小山めぐみさん。イチオシのマッサージが下の四つ。

 腸マッサージは、「腸周辺を走っているリンパに効かせるので、むくみや冷えの改善にもいい」と小山校長。下腹マッサージは腸を動かして、お通じを促す。

「手のひらや足の裏を刺激するのもお薦め。内臓の反射区が集まっている所を、息を吐きながら押していくだけで効果はあります」(小山校長)。

 手のひらや足の裏には、体のさまざまな器官や部位につながっている末梢神経が集中している反射区があり、そこをもみ刺激することで関連のある器官の血行が良くなるという。湯船につかって、お腹や手のひらを。浴槽が広いなら足の裏も、ゆっくりマッサージしよう!
腸マッサージ

よく知られている「のの字を描くようになでるお腹マッサージ」を3分割にして行う方法。ウンチの出口に近い下行結腸(左下腹)をほぐすことから始めるとお通じ効果が高い。次に、横行結腸(みぞおち付近)、上行結腸(右下腹)という順番でマッサージ。右下のイラストの→のように息を吐きながら1カ所 30秒ずつ押していく。腸の動きもリンパの流れも良くなる。
下腹マッサージ

おへその斜め下4~5cmのあたりに、両手の指をそろえて当て、息を吐きながらグーッと深くゆっくり押していく。深く押したら、おへそに向かって軽く持ち上げて離す。周辺で5回ほど繰り返す。このあたりの深い所にリンパが流れている。お腹を押すというより、リンパを押す感じで。息を吐きながら片側 30秒ずつ押す。
手のひらマッサージ

足の裏と同様に手のひらにも反射区がある。人さし指と中指の間の下、ちょうど手相の知能線のあたりを中心にして、左右下側(右下イラストを参照)が、胃や腸、肝臓など内臓の反射区。ゆっくり息を吐きながら、このあたりを押していこう。左右両方の手を均等に。便秘の人は、親指の下の膨らんだあたりをよく押してみよう。
足裏マッサージ

足の裏には、体の様々な器官や部位につながっている末梢神経が集中していて、その反射区をもむことで関連のある器官の血行が良くなる。胃や腸、肝臓など内臓の反射区は、足裏の下3分の2の範囲にある。中央より少し上のへこんだ部分を中心に、そこから下(右下イラストを参照)を押していく。両手の親指を重ねて息を吐きながら押すと、思いのほか強く押すことができる。

日経ヘルス 2006年10月号より
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

写真や詳細と記事元
http://nh.nikkeibp.co.jp/article/nhspecial/20081020/102783/

タグ : マッサージ編 内臓 インナー リセット 入浴法 入浴 美容 ヘルス マッサージ テクニック

ニキビ肌、オイリードライ肌の最大の防御は、どの時期も保湿ケア!

ニキビ肌オイリードライ最大防御は、どの時期保湿ケア
月経リズムによる変化を先取りした「キラキラ期ケア」でしつこいニキビも解消へ

 の皮脂と水分のバランスは美に欠かせない。ところが、月経リズムの波に左右されやすい人は、このバランスが大きく変動してしまう。この変化をどう乗り切るかが美キープのカギ。

 特に注意したいのがダメダメ期。ダメダメ期には、プロゲステロンの波が来て体温が上昇。「すると皮膚の水分蒸発量が増え、水分を逃さないために、皮脂も余分に出やすくなる」と田水院長。そのためニキビも出来やすい。

 このトラブル対策を考える前に、まず知ってほしいのが、肌表面で潤いを保っている角質層が作られるサイクル。実はダメダメ期の肌の角質層は、2週間前に作られている。

 角質層の細胞は表皮細胞が変化してできる。2週間かけて水分を保つ構造へ変わり、肌表面に送り出される。つまり、ダメダメ期対策には、その前のキラキラ期に、潤いを保てる質のいい角質層を育てておくことが必要だ。

一方、キラキラ期は「漢方的な考え方でも、肌の乱れを乗り切る力をつける重要な準備期間」と誠心堂薬局の薬剤師、西野裕一さん。
保湿ケアを徹底すると、表皮細胞はより質のいい角質層に成長する。

 もちろん、ダメダメ期も保湿が重要。顔の血流も滞りがちなので、「血行を促す、顔マッサージがお薦め」(田水院長)。


日経ヘルス2007年5月号より

記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

テーマ : ヘルス&ビューティ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : ニキビ肌 オイリー ドライ 最大 防御 時期 保湿 ケア 美容

古い角質と毛穴の汚れ、角栓を取る超音波ピーリングが人気

古い角質毛穴の汚れ角栓取る超音波ピーリング人気


古い角質のごわつきが気になる時期。超音波の振動で古い角質や毛穴に残る細かな汚れを洗い落とす、超音波ピーリングが今、注目だ。

超音波で水は細かな霧状に変化する


 分厚くなった角質は、肌をくすませ、毛穴を目立たせる一因だ。そこで、古い角質と毛穴に残った細かい汚れや角栓を水だけで効果的に落とす施術「スキンスクライバー」に注目が集まっている。

 その方法は、水でぬらした金属製のヘラを超音波で細かく振動させながら、肌に当ててこそげるように滑らせるというもの。細かい霧状になった水が洗浄効果をもち、古い角質毛穴の汚れ角栓を落ちやすくする。

 治療や施術に併用している今井皮フ科形成外科クリニックの今井由典院長は、「即効性や取れた汚れが見えることが人気のよう。余分な角質が取れると、美白剤やレーザー治療の効果が上がるという利点も」と話す。

 費用は1回数千円から。同じ機材でのイオン導入や、ほかの施術との併用も行われている。


www.scraiber.jp/clinic
施術が受けられるクリニックやサロンが検索できる。予約制の所が多い。費用、コース内容については事前に問い合わせを。


日経ヘルス 2008年5月号より
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

テーマ : ヘルス&ビューティ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 古い角質 毛穴の汚れ 角栓 取る 超音波 ピーリング 人気 マッサージ 美容

応用編 これさえ覚えれば常に美肌!

ダメダメ期のケアは保湿ケアと同時に、顔の血行を促すようなマッサージを。
そしてストレッチで念押し!キラキラ期には、その後の乾燥予防のために潤いを貯金するため、パックによるお手入れをしよう。
1 滞った顔の血液をゆっくり流す「顔プッシュマッサージ

 顔のツボや、筋肉部分を指で刺激して、血行を促す。血流がスムーズになれば、肌のターンオーバーも良くなり、毛穴の皮脂の詰まりも解消しやすい。くすみ、むくみ解消にも期待大。マッサージの際には、クリームやホホバオイル、ジェルなどを使おう。このマッサージは「自宅スチーム」をやりながら、もしくはお風呂で湯船につかりながらやるのもお薦め。


2 凝りをほぐして血流をスムーズに「首ストレッチ」

 首から肩にかけての“凝り”が顔の血流を阻害していることも。これをゆるめるストレッチがこれ。肩に幅が広めのタオルをかけ、両端を手で持って左に引き、息を吐きながら、首は右側に倒す。10秒キープした後、力を抜く。目安は1日1回、左右5セット。


日経ヘルス 2007年5月号より
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

詳細と記事元
http://nh.nikkeibp.co.jp/article/nhspecial/20080530/101853/

テーマ : ヘルス&ビューティ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 応用編 美肌 マッサージ 美容

古の知恵に学ぶ新・洗顔法「絹洗顔」

続きを読む »

テーマ : ヘルス&ビューティ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 知恵 学ぶ 洗顔法 洗顔 ヘルス 美容 マッサージ