FC2ブログ

ふくらはぎをほぐして鍛えてむくみ知らずの脚に!

足がむくみやすい人は、ふくらはぎのポンプ作用が弱っていて、血液とリンパ液を上半身へと環流させにくくなっている。そのポンプ作用を回復させる決め手は、ふくらはぎの前側にあり、通称”美筋”ともいわれる前脛骨筋(ぜんけいこつきん)を鍛えることだ。

 「最近、歩行時に足首を使わず、つま先をすねの側に近づけない人が多い。そのため、ふくらはぎのヒラメ筋は縮まったままになりがちで、十分なポンプ作用が期待できない。ヒラメ筋をよく使うためには、まず足先をすねに近づける運動で、前頸骨筋を鍛えるといい」というのは、パーソナルトレーナーとしてプロスポーツ選手などのケアに従事する志水博彦さん。

 身体均整師の田川さんも志水さんの理論を自らの施術に導入し、「代謝を考えるときに重要なのが、腹部臓器からの静脈血が合流して流れこむ肝臓。均整術の理論でも、足首と肝臓、ふくらはぎと上腹部の内臓が相関関係にあると考えるので、”足裏パチパチ”は部の循環改善とともに内臓の血行改善にも役立つといえる」という。

写真や詳細と記事元
http://nh.nikkeibp.co.jp/article/nhspecial/20080416/101337/

テーマ : 美脚、脚やせ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : ふくらはぎ ほぐして 鍛えて むくみ 知らず 美容 ヘルス マッサージ

都心にディープな坐禅スポットが誕生 今年はプチ修行で心をスッキリ!

都心ディープ坐禅スポット誕生 今年プチ修行スッキリ
京・有楽町のビルの地下に、突如出現した坐禅道場「スーハー東京 禅倶楽部」では、宗派を超えた坐禅(ざぜん)を体験できる。と体に効く坐禅、トライしてみませんか?

 東京の中地、有楽町にある宝塚ビルの地下に08年2月、坐禅(ざぜん)ができる新スポット「スーハー東京禅倶楽部」がオープンした。この「禅倶楽部」では、宗教宗派を超えた坐禅として「スーハー禅」を提案。多忙な現代人のために、呼吸とを見つめる道場空間をあえて交通便利な都心に作ったという。

 早速、記者が体験してみた。道場は、ビルの地下とは思えぬ落ち着ける空間。レンタルの作務衣(さむえ)を着込むと、坐禅への期待が高まってくる。この日は曹洞宗仙翁寺の中野孝雄さんの指導のもと、坐禅を組む。「思いついたことがあっても、それを考えこまずに、呼吸を見つめるようにしましょう」と中野さん。初めはグルグルと余計なことを考えてしまうが、呼吸に意識を集中すると、やがて時間を忘れ、次第に心地良さを感じられるように。終わるころには、スッキリ爽快(そうかい)な気分!

 実はこの実感、脳の機能と関係が深い。坐禅と脳の働きに詳しい諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授によると、「坐禅や瞑想(めいそう)は腹式呼吸を繰り返すことと、抗重力筋を使うことによって脳内ホルモン、セロトニンの分泌を活発にする。このセロトニンは脳を沈静化させ、うつ気分の改善にも効果があるほか、衝動性を抑える」という。

 また体への作用もある。「坐禅で姿勢を正すと、体の芯であるコアの筋肉の強化にもなる」と篠原教授。まさに、坐禅は、心と体の両面に効果があるといえそうだ。

 臨済(りんざい)宗建長寺派の総本山である建長寺で布教に努める永井宗直教学部長は「心と体を見つめ直す坐禅は、現代人にとって普段使わない筋肉を伸ばすストレッチのようなもの。忙しい人ほど、坐禅をして自分の心、体と語らう時間を持って」と話す。

 参禅会は全国の寺院のほか、カルチャースクールなどの講座でも開かれている。ぜひ体験してみてはいかが?

日経ヘルス 2008年3月号より
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

写真や詳細と記事元
http://nh.nikkeibp.co.jp/article/nhtrend/20080711/102173/

タグ : 都心 ディープ 坐禅 スポット 誕生 今年 プチ 修行 スッキリ

自分へのご褒美 全国から厳選!ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

自分へのご褒美 全国から厳選ハイアット リージェンシー 箱根 リゾートスパ
2006年12月に、箱根の強羅地区にオープンしたハイアットグループのホテル。全ての客室にサンテラス又はバルコニーが付き、シンプルでセンスのいい家具を配置するなど、大人がリラックスできる造りになっています。

 ホテル内のスパ『IZUMI』のコンセプトは「ナチュロパシー(自然療法)」。100%オーガニックのフルーツシードオイルを使ったトリートメントなど、体が本来、持っている自然治癒力を引き出すメニューが揃っています。また今年の2月からは、男性専用のトリートメントメニューも登場。2人で施術を受けることができるカップルルームも備え、滞在をより楽しめます。

 洗練されたサービスもきっと満足感をもたらしてくれるはずです。

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾートスパ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320番地
TEL 0460-82-2000(代) 0120-123-420(予約専用)
http://hyattregencyhakone.com/

宿泊料金/ツインルーム1泊2名利用の室料2万5400円~(税金、サービス料込み。入湯税別)
※料金は季節などによって変動します
アクセス/箱根登山鉄道強羅駅から車で5分。小田急線箱根湯本駅から車で20分。強羅駅より送迎有(11:00~17:00/要連絡)

写真や詳細と記事元
http://nh.nikkeibp.co.jp/article/nhspecial/20080709/102164/

タグ : 自分 褒美 全国 厳選 ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート スパ 美容

世界各国の16サロンが一堂に! 「エステワールドお台場」がお目見え

世界各国の16サロンが一堂に! 「エステワールドお台場」がお目見え
日はどの国のエステを体験してみる? そんな贅沢(ぜいたく)な願いをかなえた空間がお台場に新登場。世界の癒やしと美が詰まったテーマパークを早速チェック!
(1) 金箔(ぱく)美容 GOLDBEAUTYは、古代エジプトに伝わる施術。金箔の力で瑞々しい素肌を生み出す。(2) ジェロビダールルーマニアは、アンチエイジングフェイシャルエステに定評あり。(3) メディカルエステ ヴァーチュは、イタリアから。男性向けのメタボリックケアもある。(4) イスラエルの死海の深層水を使ったデッド・シー・スパは、デトックス効果も。(5) テーマパークの廊下にはアロマの香りが漂う。(6) ハワイアンロミロミが堪能できるアロハ ガーデン。(7) cosme.com shopは、ネットで人気のコスメが購入可能。人気商品を詰めこんだ特別セット1260円を販売中。(8) ドイツ式足専門の健康美容法が体験できるFSC。足のトラブルを解決するという。

 東京の一大観光スポットのお台場に、「世界のエステ」をコンセプトにしたテーマパークが誕生した。1500平方メートルのスペースに、イタリア、ドイツ、フランス、イスラエル、インド、エジプトなど、世界15カ国のエステゾーンが集結。
 国内外からトップレベルのサロンをそろえたというだけあって、業界の注目度もなかなか。最新の美容法を体験したい人は、要チェックだ。

「飛行機で旅に出なくても、世界中の最先端エステをいくつも体験できるのが売り。30分~1時間の手ごろなコースを用意しているので、様々な国のエステにチャレンジしてほしい」と、広報を担当するエステワールドの小池清香さんは話す。
 なかには、アミューズメント施設を楽しむように、カップルでエステを楽しむ人たちも。世界初上陸のエステも多数。各国エステのエッセンス、まずはお台場で体験してみませんか。

D A T A
住: 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ アイランドモール6・7F
営: 日~月 11:00~21:00、土~ 22:00
※最終受け付けは閉店の1時間前 無休
施設はお台場・デックス東京ビーチ6、7階にある。6階から7階への入り口には、赤いじゅうたんが敷かれ、ラグジュアリーな空間に。お肌診断など体調チェックも可能。化粧品サンプルが手に入るショップも。


日経ヘルス 2008年5月号より
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

記事元
http://nh.nikkeibp.co.jp/article/nhtrend/20080702/102127/

テーマ : ヘルス&ビューティ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 世界 各国 サロン エステワールド お台場 ヘルス 美容 マッサージ

美と健康をテーマにチャレンジし続ける癒しのエステティシャン

現代人は癒しを求めている。とくに働く女性たちはストレスの固まりだ。そんな女性たちが安らげる場所としてエステが人気を博しているが、チェーンのエステには問題も多い。画一的なサービスに飽き足らなくなったお客さんは、より自分に合った施術とサービスを求めて、個人経営の居心地の良い小規模サロンを求めているという。そんな現代女性のニーズにぴったりの「心と身体を癒すヒーリングエステサロン」を経営する傳法勝子さんに、成功の秘訣をうかがった。
 
  口コミ客限定なので看板はなし
 傳法さんが経営する「ヒーリングエステVictoria」は、若い人たちに人気の町・代官山からほど近いところにある。淡いピンクの小さなビルの4階にあるが、看板などは一切出ていない。
「口コミだけでやっているので、看板は出していません。知る人ぞ知るという感じで、ずっとそういうふうにやっていきたいんです」

 エステの国際ライセンスを持つ傳法さんが、自らの理想とするこの小さなサロンをオープンしたのは、4年半ほど前。現在は、若いエステティシャンを二人、パートタイムで雇っている。看板なし、口コミの客限定というといかにも高級に思われがちだが、会員制ではなく、料金はチェーン店などより格安だ。

「あるエステサロンの立ち上げに携わったとき、そのオーナーがエステのことを何も知らないので、これじゃいけないと思いました。それに今まで働いていたところのほとんどが売上主義で、あまりイメージもよくありませんでした。本当のエステってちょっと違うのにな、という思いがありました。イギリスでは売上ではなく、お客さまを本当に癒してあげることがメインで、体の調子、体調を聞くための時間をきちんと組んでいるのに対し、日本のエステサロンは、最初のカウンセリングに売るための時間を非常にかけるんですね。私自身がやってきたことで、じつは売るのは得意なほうだったのですが、そういうのに飽きちゃったんでしょうね。それにエステ業界も長くなってくるとどうしてもカウンセラーとか店長、管理職になってしまうんです。でも私は現場が好き。お客さまと接することが何よりも好きなので、お客さまと向き合えるこぢんまりとしたお店が持ちたいと思ったのが始まりです」

   
  自社ブランドの化粧品も販売
 傳法さんがそんな思いでいたころ、ちょうど時代もそんなサロンを求めつつあった。
 最初は自宅で開業。今のようなスタイルになって1年半が経つ。
「1日にできれば3人くらい。いいお客さまといったら語弊があるかもしれませんが、エステはお任せで化粧品も使ってくれるようなお得意さんが50~60人いればいいかなと思っています」

 小規模のサロンにとって、不特定多数の少額の客を抱えるより、上質の顧客をそのスペースに見合った人数だけ獲得できれば、安定した経営を続けられるというわけだ。しかし傳法さんがこう言い切るには、別の理由がある。そう、扱っている化粧品が自社ブランドなのだ。自ら開発した化粧品を使っていて、その販売も手がけているのである。

「エステは適正価格でやっていますから、稼ぐのは難しい。やはり利益は化粧品販売からですね。化粧品開発は、ヒーリング系の勉強をしていたときに企画を依頼されて、製造元さんを紹介されたのが始まりです。出来上がるまで1年ほどかかりました」

 海外でサロン巡りをしていたとき、リラクゼーション、癒しの効用に魅せられた傳法さんは、帰国後、ヒーリング系のセミナーへよく足を運んだ。REIKI、気功、スリーインワン、高次元医学、オーリングテストなど、エステを通して身体の治癒力を高める健康のトリートメント法を学び、サロンでの施術にもそれを取り入れている。そして99年春に、ヒーリングテクニックを学んだ会社から化粧品企画の提案があり、それがKDcosmetics誕生のきっかけとなったのだ。

「2000年の4月に化粧品発売と同時に法人にしました。別に法人でなくてもよかったのですが、資本金は300万円以上必要でしたし、やはり発売元になるということで。実際、化粧品開発には1000万円近くかかりました」

   
  やりたいことがあったら、すぐやってみること
 と、こうして開業の経緯など伺ったことを書いていくと、なんともやり手の女性経営者のようだが、ご本人は、ピンク色のユニホームがよく似合う、ケラケラと屈託なく笑う少女のような人だ。
「やはりいろいろとご苦労があって……」と水を向けてみたが、

「う~ん、あんまり苦労って思わないですよね。経験してみて初めてわかって。やってみないとわからないじゃないですか。計画性がないのが弱点ですね」

 とまた声を立てて笑った。開業時の苦労話などを伺おうと勢い込んできた我々は、ちょっと肩すかしを食った感じだ。
 じつは傳法さんは、元婦人自衛官。4年間勤めた後、憧れだった美容業界に飛び込んでからは、仕事一筋。そんな素振りは微塵も見せないが、人の何倍も努力して常に高い志を持ち続けてきたのだ。好きなことを仕事にすれば、そのことに関する知識や技術を身につけることは苦にならないし、多少の困難があっても軽々と乗り越えていけるのかもしれない。

「悩んでいる暇もなかったし、失敗してもそこにとどまってはいられない。どうしたらよいか考え、前に進まなければならないから」

 もちろん相手に迷惑をかけるような失敗は許されないが、失敗してもめげないという気持ちは大切だ。

「考えているより、まずはやってみることですね。そうすることによって見えてくる。とりあえず、やってみる、始めてみることだと思います。化粧品の開発にはお金がかかりますから、私の場合には身内から借りましたが、お金が貯まるまで待っていたら、何もできません。もし本当にやりたいことがあったら、始めてみれば、経験から学ぶことがいっぱいあるんじゃないでしょうか」

   
  事業の拡大も着々と進める
 いきいきと楽しそうに話される前向きな姿勢は、周囲の人も明るく元気にさせるパワーを感じさせる。だからこそ、必要なときに必要な人が現われて助けてくれるのだろう。
「お客さまのお手入れをしているときが一番楽しい」という傳法さんだが、事業の拡大は着々と進められている。
「エステティックのスクールはすでにやっているので、今度はヒーリングで体系づけられたらと思っています。『アカデミー・オブ・ヒーリング・エステティック・ビクトリア』とネーミングもほぼ決まっていて、少人数制でカリキュラムを組んでいます。私も常に勉強しているので、いくらでも新しいことが教えられると思うんですよ。それから化粧品販売のブランチ(代理店)計画も進んでいますし、新ブランドの企画もあります」

「好きなことができて幸せ」といつも感謝の気持ちを忘れない。夢があって、チャンスにも運にも恵まれてきたが、それはひとつひとつ実現させていく実力があってのたまものだ。こぼれるような笑顔の奥に、秘めたる闘志が感じられた。

   
 
【プロフィール】
有限会社ケイ・ディー代表。
1988年IBM(インターナショナル・ビューティーアカデミー)卒業。国内エステサロン店長を経て、94年渡米、米国美容学校ネイル科卒業。
95年、英国のエステ学校で研修。20カ国以上の国々を旅行する。
98年3月、ヒーリングエステVictoriaオープン。
2000年4月有限会社ケイ・ディー設立。
現在、オリジナル基礎化粧品KDcosmeticsの企画・販売のかたわら、代官山にあるサロンでヒーリングエステを提供。経営者でありながら自らエステティシャンとして接客することを何よりの喜びとしている。美容関連の講師としても活躍中。
【お店データ】
ヒーリングエステVictoria
 Tel.03-5458-6585/Fax.03-5458-6586
 URL http://www.kdcosmetics.com e-mail happy@kdcosmetics.com

キャバ嬢や小悪魔に人気の売上アップエステ
新社会人やOL応援人気癒しエステ
入学&卒業祝いプレゼントエステ
女性 専用 性感 エステ マッサージ

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 健康 テーマ チャレンジ 癒し エステティシャン 美容 エステ マッサージ